loading.gif
teacher image
  • 講師

    • 植木 明日香 Asuka Ueki

      植木 明日香Asuka Ueki

      環バレエ教室にてバレエを始め、同バレエ団入団、古典作品の他、深川秀夫振付作品を踊る。
      2000年より石井アカデミー・ド・バレエに所属。以降、様々な石井潤振付作品を踊る。2003年よりコンテンポラリーダンスでの活動を始め、安川晶子、松本芽紅見振付作品などを踊る。2007年リズ・ラーマン・ダンスエクスチェンジによるアメリカ公演に出演。
      2009年より、中田一史主宰のGENESIS ART COMPAMYに発足時より参加し、自身の作品も発表する。

    • 廣田 南美子 Namiko Hirota

      廣田 南美子Namiko Hirota

      4歳より、石井春枝バレエ研究所にてバレエを始める。石井一久、石井春枝、石井潤、石井優子に師事。
      「女の愛と生涯」「ダス、シュピール」「仮面舞踏会」「道」「タンゴ&タンゴ」等 石井潤の創作作品を踊る。また フロアバレエ、フランクリンメソッドを初め各種セミナーに参加。後進の指導にあたる。

    • 夏目 美和子 Miwako Natsume

      夏目 美和子Miwako Natsume

      幼少時、松山バレエ学校にてバレエの手ほどきを受け、松本道子バレエ団にて本格的に学ぶ。1998年より石井アカデミー・ド・バレエに所属。石井潤に師事。1999年以降石井潤振付作品に多数出演する一方、2001年にはコンテンポラリーダンスカンパニーschatzkammerを立ち上げ、振付を担当し自主公演を重ねる。
      また、外部でのバレエ講師、俳優向けのダンスWS講師などとしても活動する。
      近年は、コンテンポラリー作品の普及を目指し、5分間のショートパフォーマンスイベント「5’00″」を企画・運営するなど実験的な活動も試みている。

  • ゲスト講師

    • 寺田 みさこMisako Terada

      寺田 みさこMisako Terada

      幼少よりバレエを学ぶ。法村友井バレエ学校を経て、1987年より石井アカデミー・ド・バレエに所属。以後、石井潤振付の主要レパートリーに多数主演。91年より砂連尾理とダンスユニットを結成し国内外で作品を発表。2002年「トヨタ コレオグラフィーアワード2002」にて、次代を担う振付家賞(グランプリ)、オーディエンス賞をダブル受賞。平成16年度京都市芸術文化特別奨励者。06年以降ソロ活動を開始し、山田せつ子、山下残、白井剛、笠井叡振付作品の他、渡邊守章演出作品などに出演。自身の作品としては、2007年ソロダンス「愛音」、2013年グループ作品「アリア」などを発表している。京都造形芸術大学芸術学部舞台芸術学科准教授。

    • 奥田 慎也 Shinya Okuda

      奥田 慎也Shinya Okuda法村友井バレエ団 所属

      法村友井バレエ学校、英国ロイヤルバレエ学校を経て、国立モスクワ音楽劇場スタニスラフスキー・ネミロビッチ・ダンチェンコバレエに入団。帰国後、新国立劇場バレエ団に契約ソリストとして入団し様々なレパートリーを踊る。主な役として「ジゼル」ハンス、「ドン・キホーテ」サンチョ・パンサ、アシェトン振付「シンデレラ」義理の姉、マクミラン振付「ロミオとジュリエット」ベンヴォーリオ、バランシン振付「シンフォニー・イン・C」プリンシパル、「ラ・シルフィード」グァーン、「ラ・バヤデール」マグダヴェヤ、「白鳥の湖」ハンガリーの踊り、「眠れる森の美女」長靴をはいた猫、「ライモンダ」スペイン人、マクミラン振付「マノン」3人の紳士、プティ振付「こうもり」ギャルソン、ドゥアト「ドゥエンデ」、石井潤振付「梵鐘の聲」維盛、中島伸欣振付「Nothing is Distinct」、また、オペラ公演「光」ソリストなどがある。現在は法村友井バレエ団に在籍し、関東、関西圏を中心に活躍している。1996年「こうべ全国洋舞コンクール」男性シニアの部1位。

    • 末松 大輔 Daisuke Suematsu

      末松 大輔Daisuke Suematsuスコレー・バレエアート主宰

      1980年より北本バレエ研究所にてバレエを始める。1995年宮城 昇バレエスタジオに入所。1999年ロシア国立エカテリンブルグバレエ団に入団。ファーストソリストとして主要なパートを踊る。レパートリーに「ドン・キ・ホーテ」バジル、「眠れる森の美女」ブルーバード、「バヤデルカ」ブロンズアイドル、「ジゼル」ペザント、「海賊」ACT1 GPO、「白鳥の湖」道化などがある。2000年ロシアのペルミにてガラ・コンサートに出演。2001年ロシア国立ノボシビルスクバレエ団に入団。「スパルタクス」「ガラ・コンサート」に出演する。2006年新国立劇場バレエ団に入団。ナチョ・ドゥアド振付「ポル・ボス・ムエロ」他、全公演に出演する。2011年より京都にて自身のスタジオを創設し、後進の指導にもたずさわる。1998年「USAジャクソン国際バレエコンクール」セミファイナリスト。2002年「東京新聞主催全国舞踊コンクール」パドドゥ部門入賞2位。「ヴァルナインターナショナルバレエコンクール」セミファイナリスト。「神戸新聞主催全国洋舞コンクール」シニア部門第1位。

    • 野村 綾子 Ayako Nomura

      野村 綾子Ayako Nomura

      6歳より石井アカデミー・ド・バレエにてバレエを始める。
      石井潤、石井優子に師事
      高校卒業後、オランダロイヤルコンセルヴァトワールへ留学
      1997年~新国立劇場バレエ団開場当初より5年所属
      「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」等全ての公演に出演
      2003年~ドイツTheater Vorpommern に所属「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ロメオとジュリエット」「春の祭典」「Bernarda Albas Haus」「Brahms Requiem」「Medea」「Goldberg Variation」「4+Elemente」「Engel」「Carmen」「Der tod und das Mädchen」「Der Himmel, diese Leere」「Max und Moritz」「Bolero」「Casanova」その他、ゲスト振付家によるモダン作品、全ての公演に出演
      2013年−ドイツ、デュッセルドルフ der Tanzkongress ガラ公演で「春の祭典」のソロを踊る他、多数ガラ公演に出演
      2015年−滋賀大津、栗東で自主公演
      「ドイツバレエとピアノのコンサート」「身体で奏でる音楽とバレエ」
      2017年−日本帰国初公演「縁」